Header image  
 
 
    映像祭in東京 Topへ                                   トークショーへ
 

上映作品紹介

ムービーボタンこのボタンを押すと、作品の一部を映像でご覧になれます。
ご覧になるには、Windows Media Playerが必要です。
上映は全て字幕,DVDでの上映
です。

large product photo

  ボルネオの小さなゾウ

最近まで、ボルネオのゾウは外来のゾウがボルネオ島に住み着いたものと考えられていました。しかしDNA検査の結果、彼らはボルネオ固有の種で、30万年も前から生息していたことが判明しました。ガイドのバートは、ジャングルを探索し、ボルネオゾウの群れを間近で観察、その知られざる生態に迫ります。ゾウの信頼を勝ち得、まるで家族の一員のように触れ合ううちに、生息地の森の減少、密猟者のワナなど、厳しい現実も目の当たりにします。密漁者からゾウを守るべく立ち上がったバートとともに、ゾウの驚くべき家族生活の秘密を追います。

字幕/52分  製作会社:OFF THE FENCE

large product photo

シャチの海へ、ムービー

  シャチの海へ

南極と南アフリカの間、インド洋に浮かぶフランス領クローゼー諸島。この地球の果てに位置する島では、季節を問わず暴風雨や氷雪が吹き荒れています。そんな過酷な環境の島では、シャチが波打ち際まで来て、ゾウアザラシやペンギンに襲いかかります。海洋動物の撮影家デヴィッド・レーチェルは、島で4か月を過ごし、撮影を通して、ペンギンやゾウアザラシの子ども達と戯れ、シャチと心を通わせ、野生のありのままの姿を映し出します。デビッドの願いである、生き物との信頼関係を築く様子を感動的な映像で描きます。

字幕/52分  製作会社:Saint Thomas Productions

large product photo

シャチの海へ、ムービー

  アフリカの秘境の花園
~砂漠の楽園・ナマクアランド~

不毛の大地が広がる砂漠に隠された秘密――それは、春になると一瞬にして現れる「花園」です。アフリカの西海岸に位置するナマクアランドは、年間を通してほとんど雨が降らないため、植物は枯れ、動物の命も極限にまで達する広大な砂漠地帯となっています。春の訪れと共に現れる奇跡の花園は、地形や天候等が合わさって作り出した現象です。砂漠だった場所が、一瞬にして地球上で最もすばらしい花園になり、無数の花が、派手な色と見事な形で、昆虫や哺乳類、そして鳥を魅了し、まるで注目を得ようと競っているかのようです。この作品はここに生息する植物や昆虫、動物、そして人間それぞれの生き延びる術を通して、ナマクアランドの一年を描きました。

字幕/52分  製作会社:ORF

large product photo

シャチの海へ、ムービー

  ビッグキャットと生きる

これは、2人の情熱的な映像製作者と、彼らが追い続けた大型捕食動物との間に生まれた絆の物語です。
映画製作者、研究者、そしてナショナル・ジオグラフィックの探検家でもある、デレックとビバリー・ジュベール夫妻は、大型ネコ科動物の生態について探るため、25年以上もの間、ボツワナでライオンを対象に研究と撮影をしてきました。その間、多くの謎を解き明かし、科学の世界でライオンの新しい生態について発表してきました。
長年、世界中の視聴者から、ジュベールがどのように撮影しているのか、撮影の裏側を見たいという声がありました。ついに、我々はこの作品にそれを収めたのです。

字幕/52分  製作会社:Wildlife Films

large product photo

シャチの海へ、ムービー

  アフリカの夏
~ルアングワ川の戦い~

ザンビアに流れるルアングワ川。この川は変化が激しく、雨期には水量の豊富な渓谷となるが、乾期には川底が見えるほど乾いた大地となります。再び雨が大地を潤し始めるまで、干上がっていく川に残ったわずかな水辺が野生動物の生き抜くカギとなります。 猛暑のみならず捕食者からも子どもを守らなければならない母親カバ、死肉を奪い合うライオンとクロコダイル。容赦ない日ざしと水不足に耐えながら、この三つどもえの戦いを勝ち抜くのは、はたして…?

字幕/50分  製作会社:Aquavision TV Productions

large product photo

シャチの海へ、ムービー

  運命の川 マラ

東アフリカに位置するマラ川は、ケニアのマサイマラ国立保護区と、タンザニアのセレンゲティ国立公園を流れています。アフリカの重要な自然保護地域であるこの一帯は、野生動物の故郷です。マラ川の岸辺には野生動物が集結し、あの有名なヌーの決死の川渡りが行われます。腹を空かせたワニが待ち受けている川渡りの様子は圧巻です。
野生動物にとって川の持つ役割は大きく、その生態も川と共に変わっていきます。美しい景観と川沿いの知られざる動物たちの様子を紹介しながら、周辺に住む人々の生活や自然環境の変化を含め、マラ川をめぐるアフリカの将来が抱える問題を描きます。

字幕/50分  製作会社:Studio Hamburg Produktion / NDR Naturfilm

large product photo

シャチの海へ、ムービー

  野生の王国 カムチャッカ

シベリア大陸の東に位置するカムチャツカ半島―ここは1990年まで軍事地帯に指定され、外国人だけでなくロシア人にとっても完全に閉鎖されていた土地です。島には、160の火山があり、そのうち29が今も活動しています。大地に流れ出した溶岩や、火山から溶け出した硫黄、あちこちで噴き出す間欠泉が、地上とは思えない光景を作り出しています。ここに暮らす動物は大陸の動物より大型で、ヒグマやオオワシが、長い冬を乗り越えるため、餌取りにし烈な戦いを繰り広げます。また、アカギツネやオオライチョウの求愛行動、高山に暮らすビッグホーンのたくましい姿など、過酷な環境を生き抜く術を身に付けた動物の生態を静かに映し出します。

字幕/45分  製作会社:Studio Hamburg Produktion / NDR Naturfilm

large product photo

シャチの海へ、ムービー

  遥かなるゾウの道

ボツワナの自然保護区には、推定15万頭のアフリカゾウが生息しています。増え続けるゾウは環境破壊を引き起こすと考えられ、間引きが検討されるようになりました。生態学者のマイク・チェイス博士は、ゾウの季節移動と環境の因果関係を調べることにします。調査の末、移動範囲が従来の認識より、遥かに広いことが分かりました。保護区からはみ出し、一部は人間の生活圏とも重なっています。ゾウは昔からの道を決してあきらめません。問題を解決するためには、人間がゾウの道を確保し、アンゴラへ自由に戻れるようにしてやることです。どうすればボツワナのゾウを救えるか―マイクの調査は続きます。

字幕/50分  製作会社:AfriScreen Films

シャチの海へ、ムービー

  ⑨カエルが消える

地球上に生息する両生類はその数を減らしている様に思われています。今日、カエルに対する理解は乏しい。「最後のカエル」は奇妙でぞっとするミステリーである、と同時に滑稽なカエルへの愛のメッセージも折り込まれています。ぶしつけでも情熱的、子供みたいにかわいいこの生き物を何故、愛して止まないのかとみなさんの心に残ることでしょう。また、何故カエルが地球上から消滅すると自然界にまで大惨事がおこるのでしょうか。この映画は中米の熱帯雨林の不思議な旅へとみなさんをご案内します。すぐに裏庭に帰してあげますよ。

字幕/26分 製作会社:Argo Films
/ National Geographic Television

シャチの海へ、ムービー

  スーパー・ナチュラルシリーズ3
  自然の見えざる力

私たちを取り巻く目に見えない力を感知する動物たちの驚異の能力を探ります。月は植物の成長や動物の行動をコントロールする不思議な力を持っていますが、動物たちは私たちを取り巻く自然の力をどのように使っているのでしょうか?地震を予知し、地球の磁場や静電気を使う動物たち―。ガンに取り付けた小型カメラとともに、大空を舞い、神秘の扉を開けます。

字幕/30分 製作会社:John Downer Produktions

トークショー


  ① 「自転車がつなぐ世界」 トーク:山崎美緒

山崎 美緒(やまさき みお) 
1982年大阪府池田市生まれ サイクリスト。
大阪外国語大学アフリカ地域文化学科卒。
2004年日本1周6000㎞、アフリカ大陸ケニア~南アフリカ8カ国日本人女性初単独縦断5000㎞、シルクロード(西安~ウルムチ)3000km、台湾一周、ベトナム縦断、バリ島、キューバ、中東、アメリカなど世界20カ国を自転車で走る。
著書『マンゴーと丸坊主~アフリカ自転車5000㎞~』(幻冬舎)。

詳細はこちら→ イラストプロフィール☆

  ② 「千石正一先生が今、伝えたいこと――」
   トーク:千石正一

千石 正一(せんごく しょういち)
1949年東京生まれ。(財)自然環境研究センター研究主幹
テレビ出演から執筆活動まで幅広く活躍、生き物の世界を通して自然環境保全の大切さを訴える。平成12年にはその功績が認められ、環境庁長官より「環境功労賞」を受賞。
著書、『千石先生の動物ウォッチング』(岩波書店)、 『決定版生物大図鑑・動物』(世界文化社)、『世界のネコの世界-にゃおよろずのくにぐに』(海竜社)など。

 

 

   

 

映像祭in東京 Topへ         上映スケジュール         2010年の上映会へ         作品紹介TOPへ
 

 
 

© NATURE FILM NETWORK   ALL  RIGHTS RESERVED

※許可なく、写真、その他を転載することを禁じます。