NFN Homeへ地球映像ネットワーク

      地球映像ネットワークとは?
世界自然・野生生物映像祭は
(Japan Wildlife Film Festival)
提携・協力
1993年に第1回を富山県で開催。以降、アジア・オセアニアを代表する映像祭として隔年開催されています。
ヨーロッパ地域を代表する英国のワイルドスクリーン、アメリカ地域を代表する米国のジャクソンホール・ワイルドライフ・フィルム・フェスティバルと、提携・協力し、ワイルドライフ映像の普及・発展に貢献しています。
世界40カ国、400作品の応募があり、4日間で7会場、延べ3万人を超す参加者が集い、200人のボランティア・スタッフが運営にあたっています。
入賞作品が上映されゲストのセミナーも開催
入賞作品が上映され
ゲストのセミナーも開催
優秀作品が表彰され、世界に発信されます。
優秀作品が表彰され、
世界に発信されます。
国内外のゲストが一堂に会する、貴重な機会でもあります。
国内外のゲストが一堂に会する、
貴重な機会でもあります。